私がパラブーツ ポー(Paraboot Poe)を買うまで

革靴・靴磨き

私は「一目ぼれ」という類の言葉に、今まで無縁でした。

モノを買うときは予め徹底的に調べます。あまり運命的な出会いはないと割り切っていました。

…この靴に出会うまでは。

 

きっかけ①:2018年6月に銀座シックスで出会う

銀座シックスでチーニーのイベントが行われていた時でした。

同じフロアにパラブーツが入っています。その入り口に展示されていたのが「ポー」というダブルモンクでした。

パラブーツのダブルモンクはウィリアムしか当時知らなかったので、店員さんに確認して間違いに気づきました。

すると、その店員さんが言うのです。

こちらのポー、銀座シックス1周年の限定カラーなんです。

予約を承っていますが、数が結構限られているんですよ。

それから3ヶ月。悶々とあのダブルモンクが気になってしょうがなくなってきました。

Twitterのフォロワーさんが銀座シックスに見に行ってきてくれたのですが、色んなサイズが売り切れていく様子をうかがいました。

 

きっかけ②:9月、築地のアポ後に銀座へ向かう

ダブルモンク「ポー」が気になりすぎて、夢に出るようになりました。

「ポーが売り切れた可能性がある」という現実に向き合えず、他店舗を徘徊するほどパラブーツから離れられなくなっていました(笑)

しかし、そんな時に転機が訪れます。仕事で築地にアポイントメントが入り、その帰りに銀座シックスに寄る機会を得たのです。

「あ、展示品がラスト一個残っている…」

「げ、、これマイサイズ(7)じゃん!!!」

流石に3ヶ月耐えて、かつラスイチで、フィッティング問題なかったら買う。そのままレジに行きました。

 

感想:青いシボ革のダブルモンク「ポー」は淫靡

シボ革の靴を買うことはほとんどなく、履きおろしには少し緊張しました。

ウィリアムとの違いは、タグの位置。ウィリアムより細身なドレスラインのポーはタグもスラックスに隠れやすいように履き口に付いています。

付属のシューツリーには「GINZA 1st Anniversary」の文字。

光のもとだと、青さが際立ちます。後日談ですが、手入れのためBoot Blackの「ネイビーブルー」のクリームを購入しました。

箱ももちろん大事に保管してあります。

 

学び:直感を大事に。想い続けた靴を手にする

私の場合、本当に売り切れの寸前まで粘ってしまいました。余計な心労を伴いました(笑)

会う靴好きの人みんなに、「そういうのにお金使うべきだろう」と叱咤激励されました。

手に入れた今だからこそ言えるのですが、「ガチで欲しいな」と思った靴は直感に従って買った方が良いです。待って最長3日じゃないでしょうか。

直感に従い、買う。

これは「ご縁」とか「運命」とか精神的な説明もできそうですが、最も物質的な理由もあります。

なぜなら、ブランド靴だったら取りあえず買ってしまって、合わなかったら手放すという手段も全然取れるからです。

本当のリスクは何もせず興味を飼い殺しにして、かつチャンスを失ってしまうことではないでしょうか。

私は皆さんに心が擦り切れる想いをして欲しくない(笑) 皆さんが素敵な靴に出会い、無事彼ら(彼女ら)を迎えられることを切に願っています。

 

詳細:サイズや履き心地

  • 品番:Poe Galaxy Noire Gr marine 165930
  • サイズ:7
  • カラーと革質:シボ革カーフ?、ネイビー(マリン)
  • シューツリー:Paraboot 純正シューツリー 40-41
  • 参考サイズ:ニューバランス1400、アディダス スタンスミス(ともに27㎝)
  • 詳細リンク:http://zozo.jp/shop/beams/goods/12807775/

シャンボード(サイズ7)より絞られているためか、ボールジョイントが少し痛い。両親指の付け根と踵に絆創膏を付ける羽目に。

まだ履いて2週間なので、これから柔らかく伸びると考えられます。揉みまくっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました