東京近辺にある本格派の革靴修理店まとめ:メニューから価格、場所、クチコミなど

その他

10連休という異常に長いゴールデンウィークが始まりました! 皆さんはいかがお過ごしですか。私は自室の靴棚を整理して良い感じのスタートをきれています。

棚には9足の靴が載っているんですが、まだ一足履き下ろせていない革靴があるんです。というのもつま先をダメにしたくなくてスチールを入れたいのですが、信頼できるお店を探しあぐねていて。

今回は神奈川在住の私が、東京近辺にある本格的な革靴の修理屋さんをガッツリまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

 

きっかけ:新品に合う本格修理がしたくてTwitterで呼びかけた

先日新品のマドラスを手に入れて、今もなお浮かれています。ただ、履くからにはしっかりトゥスチールを入れようと考えています(まだ履き下ろせていない)。

せっかく初めてのカスタムオーダーだったのでスチールの見た目もこだわりたく、駅前のチェーン店ではない本格的なお店を探してみることに。困った時はTwitterの仲間たちにヘルプです。

皆さんすぐお返事くださり、ありがとうございました!

 

Rifare(リファーレ)

https://rifare.jp/

リファーレさんでは革靴の販売と修理を行っています。

販売について、エンツォボナフェやルーディックライターといったヨーロッパの高級革靴も展開。またリペアについて、オンラインでリペアの予約を対応しています。その場合は【つま先直し】【トライアンフ /ヴィンテージスチール】【ハーフラバー(半張り)】【トップリフト】のなかから選択可能。

筆者が探したところ、店舗スタッフの方が複数のアメブロを運営しているようです。更新頻度が高く見ていて最も面白いと思ったのは「リファーレ恵比寿店ブログ~徒然な日々の出来事~」ですね。

SNSアカウントでクチコミをチェック

(一部)メニューと価格

  • オールソール:¥12,000+税~
  • ハーフラバー:¥3,000+税~
  • つま先(革張り):¥2,500+税~
  • つま先(ヴィンテージ):¥3,500+税~
  • つま先(トライアンフ):¥5,000+税~
  • カウンター(腰裏):¥4,000+税~
オールソール – Rifare

場所

●恵比寿店:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2丁目7−1

●自由が丘店:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目24−1

補足:関連会社「リペア工房」さんのアクセス

●そごう横浜店:〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1

●バーニーズニューヨーク横浜店:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町36−1

 

Shoe of Life(シューオブライフ)

http://shoeoflife.blogspot.com/

シューオブライフさんでは靴修理(スニーカー含む)とバック修理を受け付けています。ホームページではお店のポリシーが公開されています。

シューオブライフでは、パーソナルオーダーメイド修理をいたします。

そのパーソナルでオーダーメイドな修理とは、なんでしょうか?
それは、チェーン店のサービスの様ではなく、決して画一的な対応ではない、お一人お一人に対して、そのお客様のライフスタイルを前提に考え、それぞれの靴やバックの状態を、数あるお修理方法と修理パーツや素材から、最適なチョイスで最も良い状態に修理・補修する、

画一的ではない親切できめ細かい心の技術サービスなのです。
出典:http://shoeoflife.blogspot.com/

記事もかなり丁寧に作られていて見応えがあります。たとえばパラブーツミカエルの踵にパットを入れて革の端切れで覆う修理の記事やスタンスミスの踵の削れをゴム剤を当てて補正しグライダーで整える記事など。

SNSアカウントでクチコミをチェック

(一部)メニューと価格

  • レザーオールソール:¥15000円(税抜) 
  • ハーフレザーのオールソール仕立て:5000円(税抜)、出し縫い:+2000円(税抜) 
  • ハーフラバー:¥2300(税抜) 
  • つま先(トライアンフ):¥3500(税抜) 

参考:http://shoeoflife.blogspot.com/2018/08/la-cordonnerie-anglaise.htmlhttp://shoeoflife.blogspot.com/2016/05/aldenv-tip.htmlhttp://shoeoflife.blogspot.com/2018/09/alden.html

※メニューページ一覧がないようです。おそらく修理メニューをお客さんに合わせてカスタマイズするため。

場所

〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22−4 増本 ビル1F

 

Glue(グルー)

http://glue-repair.com/

靴修理工房グルーさんでは靴修理はもちろんクリーニングや磨きの配送、靴やウェア、雑貨の販売も行っています。オンラインショップも運営。

大切な靴を、お好みにリペアをして頂けるように、オーナーが直接受付、靴の診断。お客様と密にミーティングを取るカウンセリングの中で、材料や修理方法のご提案をさせて頂きます。
お気に入りが思い通りに甦る楽しみを是非体感して下さい。

出典:http://glue-repair.com/shopinfo/

SNSアカウントでクチコミをチェック

(一部)メニューと価格

  • オールソールレザー:¥16,500~
  • ハーフラバー:¥2,800~
  • つま先(革張り):¥1,800~
  • つま先(ヴィンテージ):¥3,700~
  • インソール制作:¥2,800~

参考:http://glue-repair.com/menu/

場所

〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-23-15 ホワイトビレッジ目白101

 

ユニオンワークス

https://www.union-works.co.jp/

ユニオンワークスさんでは靴の修理とオンラインストアによる販売サービスがあります。修理を頼むときはオーダーシートを記入して店舗に配送する方法と、店舗に直接来店する方法の好きな方を選べます。

オンラインストアにはオリジナル腕時計や中古の高級革靴など取り揃えています。ブログもかなり見応えあるので靴好きな方はRSS入れてチェックすると良いです。

SNSアカウントでクチコミをチェック

(一部)メニューと価格

  • オールソール:¥17,000+税~
  • ハーフラバー:¥3,500+税~
  • つま先(ラバー):¥2,500+税~
  • つま先(革張り):¥3,000+税~
  • つま先(ヴィンテージ):¥4,000+税~
  • つま先(トライアンフ):¥5,000+税~
  • カウンター(腰裏):¥4,000+税~

参考:https://www.union-works.co.jp/repair/gentlemen/

場所

●新宿店:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-9-7 T&T第2ビル3F

●渋谷店:〒150-0031  東京都渋谷区桜丘町22-20 シャトー ポレール 渋谷

●銀座店:〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル103

●青山店:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-38-11 パズル青山 1F

 

浅草コブラー(The Asakusa Cobbler)

https://www.asakusacobbler.com/

浅草コブラーさんは持ち込みも郵送も両方可能な修理店です。ただ持ち込みの場合は予約が必要。

店主の石郷岡さんは大手靴販売店から英国靴専門店を経て修理の世界に入られ、2007年に独立された修理屋さんです(コブラーとは靴の修理店を指し、あの爬虫類のことではありません。)

SNSアカウントでクチコミをチェック

(一部)メニューと価格

  • オールソール:手縫い¥16,200~ 機械縫い¥14,580~
  • ハーフラバー:¥2,160~
  • つま先(革張り):縫い直しあり ¥3,996~  縫い直しなし ¥2,484~
  • つま先(ヴィンテージ):¥2,700~
  • つま先(トライアンフ):¥2,160~
  • カウンター(腰裏):¥3,024~

参考:https://www.asakusacobbler.com/

場所

〒111-0023 東京都台東区橋場1-2-11

 

ハドソン靴店

https://www.hudsonkutsuten.com/

ハドソン靴店さんは横浜市神奈川区にある靴修理屋です。

「ハドソン」は人の名前かと思いきや「ハンドーソーン(手縫い)」から来ているようです。靴作りの文化は戦後から活発だったことを考えると、店主の村上さんの推察どおり英語が浸透してなかった当時の名残りかもしれませんね。

「ハドソン靴店」の名前の由来は、ハンドソーン(手縫い)からきてます。………多分… 。

実は私も確かなことは知らないのです。…が、おそらく先代の時代はハンドソーンを訛ってハドソンと発音してたのではないかと思います。

出典:https://www.hudsonkutsuten.com/?page_id=19

超関係ないけど、お店のロゴ・フォントが可愛い。

SNSアカウントでクチコミをチェック

メニューと価格

同店ではお客さんの靴の状態を見て都度見積もりするために、具体的な価格をサイトに書かない方針を取っています。かっこいい。

靴修理の料金は、靴修理に使う『素材』と『方法』によって、料金が決まります。一般的に○○の修理は○○円~と表記されてる靴修理店が多いですが、当店ではお客さまの靴の状態を見て、その靴に一番適した靴の修理をご提案させていただいてます。お電話にて靴の状態をお伝えいただければおおよその修理料金はお伝えできます。

出典:https://www.hudsonkutsuten.com/?p=1559

場所

〒221-0841 神奈川県横浜市神奈川区松本町3丁目26−3

 

Gato(ガト)

http://www.esx2009.com/

Gatoさんは今回記事で紹介するなかでも唯一の埼玉県に拠点を構える修理屋さんです。同店も持ち込みと郵送、どちらも大丈夫です。

カメラにも余念がない靴磨き職人の中山さんが(おそらく)同店の写真を撮っているため、ブログ「靴修理店Gato(ガト)」から伝わってくる修理の現場は臨場感が満載。

SNSアカウントでクチコミをチェック

(一部)メニューと価格

  • オールソール:¥11,800~
  • ハーフラバー:¥2,500~
  • つま先(ヴィンテージ):¥3,500+税~
  • つま先(トライアンフ):¥4,000+税~
  • トップリフト:¥2,500~

参考:http://www.esx2009.com/material.html

場所

〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和1丁目14−13

 

まとめ

参考になりましたか? 私が一番取り付けたいスチールは3000~5000円のレンジでやっていただけるそうです!

今回は東京周辺の本格派の修理店をご紹介しました。どれも革靴好きが厳選し、彼らが何度も依頼している店舗のため信頼できると確信しています。

私も早く都合つけて上記のいずれかの店舗に持ち込みたいですね。

タイトルとURLをコピーしました